希望の会社に入社するための就職活動

”就職”は人生においても大きな目標の一つである。

特に最初の会社はその後の仕事感にも大きな影響を与えるものであるので慎重に選びたいものだ。

しかし、残念ながら第一希望の会社に入社できる学生は1割程度だと思う。

中には第2希望、第3希望の会社でもなく希望しない会社であったり、全く興味のない業界の会社に内定ほしさに入社した学生もいるだろう。

これまでは”学力”があれば希望の学校に入れた。

就職活動はそうはいかない。

企業が求める人材の基準は”学力”だけではないからだ。

本日は、成功するための就職活動について話をしようと思う。

成功する就職活動
就職活動に真剣に取り組む学生は成功する

 


成功するための就職活動の準備編

まず最初に言っておきたいことは、出身大学が、地方/都心、国立/私立で就職に有利・不利がすでにあるということを知っておいて欲しい。

私がそうであったが、国立地方大学の出身者は最も厳しい状況からのスタートである。自ら意識高くしていなければ、就職活動の初期に受けた会社は尽く失敗に終わる。第一希望の会社の採用が早い時期であったならば挽回不能となる。

しかし、学校によって就職活動の準備で大きな差があることは実際に活動して他校の生徒を目の当たりにしないと気がつかないことが多い。

詳細は就職活動で成功する人、失敗する人-準備編-をご覧下さい。

 

成功するための就職活動の開始編

当然ではあるが、会社にエントリーして会社説明会に参加しなければその後の採用過程に進めない。

都内在住の学生は問題ないだろうが、地方の学生は企業へのアクセスに不安を抱えるものだ。移動時間を見誤ると説明会や面接に遅刻してしまう。

企業の内情を知るきっかけは”説明会”である。その中の質疑応答は採用項目に入っていない事が多く、質問への解答そのものや回答者の人となりで会社の内情が窺い知れるものである。十分に活用して欲しい。

詳細は就職活動で成功する人、失敗する人-開始編-をご覧下さい。

 

成功するための就職活動の面接編

 

就職活動で最も重要な課程は、面接である。

採用面接は1次面接、2次面接、最終面接とその目的が変わってくる。学生の評価ポイントが徐々に変わるということだ。

内定が取れない学生は自分の強みなどをPRするだけで、面接官の言葉の意味を理解せず予め用意したものをただ伝えているように思える。会話をしていないのです。相手の意図を読めていないのです。

仕事は一人で行うのではなく、多くの仲間と協力して働くことが求められる。そのためコミュニケーション力が求められるのです。

詳細は就職活動で成功する人、失敗する人-面接編-をご覧下さい。

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン