モチベーションをあげるタイトル

モチベーションをあげたいと誰もが思っている。いつも高いモチベーションを維持したいと思っている。特に企業経営者は社員のモチベーションを高く保ち、高いパフォーマンスを発揮したいと願っている。

モチベーションをあげるために、カウンセリング、職場環境改善、賃上げ、労働時間短縮・自由化、コミュニケーション改善、怒鳴る、人参をぶら下げる・・・・。様々な手段がとられているが、コレというものがない。また、モチベーションをあげるための様々な研究がなされているが、特効薬は未だ見つからない。

スキルだけではハイパフォーマンスを発揮できない

ロボットのスイッチを押すように、モチベーションのスイッチを押すことができれば、ずっと高いパフォーマンスを休まずに発揮できる。しかし、人間はロボットではないので休みも必要だし、心の状態でパフォーマンスが上下する。スキルが高いと基本的にパフォーマンスは高いが、心の状態でかなり上下するので、心のバランスを安定させることが必要。
モチベーションハイパフォーマンス

心の状態でパフォーマンスは変化する

同じ出来事でも人によって反応が変わる。怒りっぽい人はすぐに怒る。気配りの人は周りを和ます。マイペースな人は何も反応しない。出来事をどのように認識するかで感情も変わる。感情はモチベーションに影響し、反応(パフォーマンス)する。心の状態は外の世界の出来事をどのように認識し、そこから抱く感情そしてモチベーションに影響を与えパフォーマンスという行動を示す。

感情認識モチベーション

心の状態は、認識・感情・モチベーションが絡み合い決まる

認識を変えることでパフォーマンスが変化する

直接、感情やモチベーションを変えるのは難しい。しかし、認識を変えることはできる。上手く認識を変える事ができれば、同じ出来事が起きても感情とモチベーションに変化が起き、そしてパフォーマンス変わる。自分自身や家族、会社など大切な存在に対して高いパフォーマンスを発揮したいと思うのであれば、大切なものに関連する出来事に対して良い認識を持つように自分を変えていきたい。
企業研修ボタン

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン