会社の目標達成能力を高める方法タイトル

企業の目標を達成するための方法は、社員に研修を受けさせたり、能力の高い社員を採用することだけで十分なのだろうか。企業幹部や育成担当の方の長年の悩みだ。

確かに、社員に研修を受けさせることや能力のある社員を採用することが企業の目標達成に一定の貢献をしているが、どこか満足できないそんな気持ちになっていると思う。

実際に目標を達成するのは社員であるので、能力を上げるための対策は効果がある。しかし、能力面の対策だけでは十分ではなく、仕事へのやりがいを持ちモチベーション高く維持している事が必要だ。気持ちやモチベーションという内面の充実が、高いパフォーマンスを発揮できる条件となる。

そのため、企業の目標達成能力を高めるためには、三位一体の会社幹部・ミドルマネージャー・社員の3者に異なるアプローチを同時に行うことが求められる。
会社の目標達成能力イメージ

会社の目標を達成するには三位一体のアプローチが必要

経営幹部

会社のビジョンや目標そして企業文化を生み出し、社員への浸透を図ることが求められる。会社の目標を実現させるために各部署に期待することを明確にすると共に、社員のパフォーマンスを上げるための仕組み作りを行う。

ミドルマネージャー

会社の目標と個々の社員の目標のベクトルを合わせると共に、部署のリーダーとして社員のモチベーションを上げ高いパフォーマンスを発揮させることが求められる。会社と社員という異なる目線に立ち、共通の目標を設定し組織として高いパフォーマンスをマネジメントする。

社員

会社と個人の目標を一致させ自分自身が成長できるよう、仕事へのやりがいを見出しモチベーション高く働くことが求められる。正しい目標設定を行うと共に、忙しい業務の中で確実にスキルアップできるように能力開発を行う。
企業研修ボタン

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン