目標達成のための土台タイトル

スモールゴールのプログラムは「目標を達成する習慣を身につける」ものであるが、このノウハウを習得しても達成できないこともある。

目標を達成するには土台が必要である。土台がない所には家は建たない。

スモールゴールのプログラムは、目標達成の土台がある中で効果的にあなたが決めた目標を達成するためのものである。

目標達成の土台は5つの要素があり、全てそろっていることが求められる。

5つの目標達成のための土台について一つ一つ見ていこう。

目標達成のための土台


 

土台1:情熱がある

「絶対にこの目標は達成する」という強い気持ちがあることが重要である。根拠はなくても良い。

とにかくやるぞ!という気持ちがあって取り組むことが重要だ。

情熱が最も必要になる時は、ピンチの時である。いくら頑張っても全然前に進まなく目標が達成できない時だ。目標を投げ出したくなる時だ。

そんな時は原点に戻り、絶対に達成したいという情熱がものをいう。その気持ちが本物であれば、ピンチを乗り越え目標を達成できるだろう。

詳細は目標達成には情熱という土台が必要をご覧下さい。

 

土台2:強みがある

自分の強みが目標達成に貢献する事が何よりの土台となる。

弱い部分をいくら強化しても上達することはあまり期待できない。あなたの最大の強みの上に目標を設定することが重要である。

複数の強みを上手に伸ばす事ができれば、シナジー効果が生まれ目標が予定よりも早く達成することもできる。

自分の強みがどこにあり、どのように強化すれば目標を達成できるのかしっかり分析することも必要だ。

詳細は目標達成には強みという土台が必要をご覧下さい。

 

土台3:価値観に沿っている

大切にしている価値観に目標が沿っていることが重要である。

それは取り組む目標の内容が価値観と沿っていないとジレンマに陥るからである。

価値観はよく聞く言葉ではあるが、みなさんは自分の価値観を自信をもって他人に伝えることはできるだろうか。意外と分からないものである。

目標達成にはその目標と価値観が合っていることが重要であるが、目標に合わせて都度、価値観を変えることは難しい。体に染込んでいるからである。価値観を変えるには長い時間が必要である。

基本的に今の価値観に目標が沿っていることが重要であるが、絶対に叶えたい目標に今の価値観が合っていないのであれば、自分自身の考えを変える必要が出てくる。

詳細は目標達成には価値観が合っているという土台が必要をご覧下さい。

 

土台4:犠牲にする覚悟がある

目標を達成するには今以上が頑張りが必要となる。

時間もかかる。今やっていることを辞めないとその時間が作れない事が多い。目標達成まで特に好きなことを我慢する必要が出てくる。

犠牲にする対象は好きなことでなければならない。好きだからこそ、それを制限することに意味合いが出てくる。

目標達成のために好きなものを我慢することが、目標を成し遂げるパワーに変わる。そして、それが覚悟に変わる。

詳細は目標達成には犠牲にする覚悟があるという土台が必要をご覧下さい。

 

土台5:決意表明

何のために、どんな目標に取り組むのか改めて思い返し決意表明することが目標達成の土台となる。できれば、周りの人に目標達成への決意表明を行い簡単に辞めれない状況に自分を追い込む。

目標を達成する強い意思を発表することで、後戻りできない決断を下し、前進することに集中することができる効果がある。

目標達成の土台としての総決算というものである。

詳細は目標達成には決意表明が必要をご覧下さい。
 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン