上司と部下の人間関係

会社の目標の一つは営業利益を上げることだ。

営業利益を上げるためには、現場力が求められる。現場で働く社員が自分の持っている力を発揮し貢献する事が求められる。

また、上司は部下の力を発揮するためのサポートを行いつつ、現場の第一人者として部下をリードする役目を持つ。

会社のパフォーマンスを上げるためには、役割の異なる上司と部下が上手に関係していくことが求められる。

今回は、会社のパフォーマンスを上げる上司と部下の人間関係について一つ一つ見ていこう。

上司と部下の関係
上司と部下の関係が良いと会社のパフォーマンスは上がる

部下編

企業が抱えるジレンマ-優秀な人は辞めていく-

優秀な社員とは、自分の役職を超えた考え方や行動ができる存在である。自分の業務はもちろんやり遂げることが前提となるが、上司の補佐を期待できる存在であるからだ。

上司が今何に困っているのか、察知してくれるので、困ったときに自分の代わりに様々なことを委譲しやすい。

しかし、優秀であるからこそ会社を出ていこうとする。優秀な社員を長く会社で貢献させるための方法とは。

詳細は企業が抱えるジレンマ-優秀な人は辞めていく-をご覧下さい。

 

会社の目標と個人の目標、そして価値観

会社にはビジョンや目標がある。

小さな会社であれば、決められた目標の内容、背景、経営幹部の人となりを知っている事が多く、部下は理解しやすい環境だと思う。

しかし、大きな会社であれば、入社以来経営幹部と会った事のない社員が多く、突然目標が決められたという印象を受ける社員が多い。経営幹部と社員の距離が遠く、理解され難い環境である。

会社の目標が社員に浸透していなければ、社員の力を発揮することは難しい。納得していないまま、行動させられている感じを覚えるからだ。

詳細は会社の目標と個人の目標、そして価値観をご覧下さい。

 

上司編

部下をとまどわせるグレーゾーン

完璧主義の上司は部下を管理したがる。

自分のやり方を正しく遂行することを求める。

部下は上司の目を気にしながら、行動する。逐一報告を求められ、行動を修正する。そこには自分の考えが入る余地はない。

部下に上司のやり方をそのままやらせることは果たして会社のパフォーマンスを上げるために良いことなのだろうか。

詳細は部下をとまどわせるグレーゾーンをご覧下さい。

 

優秀な新入社員がすぐ辞めないためにも上司の導きが必要

大学を卒業して会社に入る新入社員は、入社3年で約5割が辞めていっている。

辞めていった人の中には、内定が欲しくて入社しただけの人もいるが、第一志望の会社に入社したにもかかわらず辞めていった人も少なからずいる。

会社も成長を期待していたにも関わらず、どうして優秀で熱意もある新入社員がすぐに辞めていってしまうのだろうか。

詳細は優秀な新入社員がすぐ辞めないためにも上司の導きが必要をご覧下さい。

 

フォローアップは重要

学んだ知識は繰り返し実践しないと身につかない。

しかも時間が経ってしまうと、学んだことを忘れてしまうので、すぐに実践しなくてはならない。

上司は部下に仕事を教えることだけでなく、部下が教えられたことをしっかり身についているのか、チェックする必要がある。できていなければフォローし”できる”ようサポートする。

会社としてパフォーマンスを上げるためには人間の知識習得の過程を知っておくことは重要だ。

詳細はフォローアップは重要をご覧下さい。

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン