コンセプトタイトル

目標を成し遂げるのは特別な才能が必要??

営業・プログラマー・デザイナー・経営者など、自分の能力やスキルを活かして働いている人は日々自分の強みを磨いていく必要がある。現場で学ぶ以外に、書籍や研修を通して研鑽している人も多い。しかし、本当に学んだことを活かしていますか。自分の強みとして定着しているいますか。

ナレッジコーディネーターは”強み”を成果につなげるコンサルティングを行っていますが、その中で目標を成し遂げる人に興味を持ち研究してきました。そこで分かった事があります。

目標を成し遂げる人は学ぶ対象、学ぶ時、学びを活かす方法を知っている。学ぶことが自分の強みを伸ばすことであり、その強みを目標達成への手段に変える事ができる人である。

また、大きな目標を立て成し遂げた人はごく一部の人に限られる。そして、さらに大きな目標を立てチャレンジし、達成しさらに賞賛される。一方、多くの人は同じように目標を立てるが失敗し、いつしかモチベーションが下がり「自分にはできない。無理だ。」とあきらめてしまう。

同じ目標を掲げ学んだにも関わらず、目標を成し遂げる人と、達成できない人に、どのような違いがあるのだろうか。 生まれつきの才能なのだろうか。それとも、周りのサポートに恵まれていたからだろうか。

違いを生み出す違いは、目標を達成し続ける人は新たに学んだことを事業の成果につなげることのできる思考パターンを持っており、習慣として行動しているところにある。それは決して特殊な才能というわけではなく、反復することで誰にでも身につく習慣である。

SMALL GOALSの目的

目標を達成したいと願っている全ての人に「目標を達成する習慣」を身につけてもらい、自分に自信をもってもらうことを目的としています。
講座を受講することでSMALL GOALSのノウハウを取得できますが、自然に行動できるまでには時間がかかります。
そこで、SMALLGOALSの知識がしっかり定着するために講座受講後に一人ひとりにしっかりとしたフォローアップを行います。
多くの人が達成感を感じて自分に自信を持ち、興味のあることにチャレンジできることを願っています。

 

サービスページボタン

関連コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン