コラムタイトル

最も重要な目標にだけ集中する

 

先日、スモールゴールの講習を行った時に受講生が実現したい目標を10個あげていた。

実行計画を考える段階で悩んでいる様子だったので質問してみた。

「この目標の中で一番重要な目標はどれですか?」

「どれも重要なので、全部やるつもりです。」

「目標達成のためにどのくらい時間を使えますか?仕事など必要な時間を除いてどのくらい時間がありますか?」

「そういわれると、この目標を全部1年で達成するのは難しそうな気がします。」

本日は、最も重要な目標にだけ集中するについて話をしようと思う。

最も重要な目標を選び集中する


時間が読めない

 

目標を立ていざ始めて見ると思ったよりも難しくてどのくらい時間がかかるか分からないことがよくある。

あれもこれも欲張っているとどれも中途半端に終わってしまう。

また、モチベーションの観点でも着実に成果が出ていないと、やり続けることが難しい。

そのためにもやることを絞って集中して結果を出していくことが重要である。

 

最も重要な一つを選ぶ

実現したい目標の中で最も重要なものを選ぶことが難しいと悩む人がいる。

それは重要だと判断するポイントが自分で持っていないからだ。もしくは曖昧だからだ。

判断するポイントがよくわからない場合は次のように考えてみよう。

 

 

例えば、

・TOEICで800点を取得する

・簿記2級を取得する

という学習に関する目標に関してどちらが重要か考えてみる。

 

まずは、取得した時のことを考えてみる。

TOEICで800点を取得する

→海外旅行で役に立つ。昇進するための条件。

簿記2級を取得する

→仕事に直結する知識が身に付く。

 

次に取得できなかった時のことを考えてみる。

 

 

TOEICで800点を取得する

→取得できなくても、1、2年で考えるとあまりデメリットはない。1年に一度の海外旅行で少し困るくらい。

簿記2級を取得する

→会社から資格取得奨励金がもらえない。業務で得た知識の修得度が図れない。

 

この場合だと、会社(昇進することや仕事の知識習得)とプライベート(海外旅行)のどちらが今の自分にとって重要か考えると自ずと答えが出てくるでしょう。

 

<ワンポイントアドバイス>
どちらも学習する時間が必要となるので、学習前にどちらを優先させるか決断することがポイントです。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン