コラムタイトル

一日を区切りとする習慣

良いことが起きれば嬉しいし、モチベーションも上がる。

逆にずっと結果が出なければ無力感に襲われ、モチベーションは下がる。

今日はモチベーションの上下を減らして心穏やかに目標に向かう方法について話をしようと思う。

一日を区切りにする習慣
一日を区切りとする習慣を身につけると心が穏やかに過ごせる


一日を区切りとする

嬉しいこと。楽しいこと。上手くいったこと。上手くいかなかったこと。悲しいこと。怒られたこと。

その日に起こったことを次の日に持ち越さないと誓いましょう。

その日に起こったことについて振り返るのは夜までとして、次の日には良いことであれ、悪いことであれ、忘れましょう。

一日を区切りにする習慣を身につければ、毎朝体にエネルギーが満ち溢れていることに気づくでしょう。

 

反省し改善することは大切ですが、気が重く一日を過ごすのであれば、全く反省せず、振り返らず一日を過ごした方がより自分にとって良い影響を与えます。

心穏やかにすることは、目標に集中するためにも重要です。

ネガティブにどうしても考えてしまう人はだまされたと思ってやってみてください。一週間も行うと以前よりも心が穏やかにいれる自分に気がつくと思いますよ。

 

<ワンポイントアドバイス>
一日を区切りとする習慣を身につけると毎朝モチベーション高く行動できる。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン