コラムタイトル

強いチームはいつも勝利を味わっている

強いチームは、リーダーが目標を定めるとメンバーは目標達成に集中し成し遂げていく。個々のメンバーが自律し問題を解決していく。メンバーは自分の能力に自信を持ち、周りのメンバーに対して尊敬の念を持っている。

一方、弱いチームは向かうべき目標が曖昧でメンバーは自分の仕事を完遂できない、進歩していない、周りのメンバーに依存しているという特徴がある。

どうすれば強いチームを作れるのだろうか。

強いチーム
強いチームはいつも勝利している


勝利あるのみ

強いチームを作るには”勝利”するしかない。目標を達成することしかない。

いくらリーダーがメンバーを鼓舞しても、”負けている”感じが漂っていると効果は薄い。事実から目を離すことはできない。

小さな目標であっても、達成する事ができれば”勝利”の感触を味わう事ができる。特にこれまでずっと上手くいかなかった閉塞感のある状態であるならばなおさらだ。

目標を達成すれば、”勝利”を感じる事ができ、自信がついてくる。自信が着いてくるとモチベーションも高まりもっと大きな目標へチャレンジしようとする。仲間が苦しんでいるとチームの”勝利”のため助け合おうとする。

”勝利”のサイクルを生み出すことが大事だ。

リーダーが適切な目標を設定する

リーダーの役割は大きい。

リーダーが定めた目標がそもそも達成困難なものであれば、メンバーがいくら頑張っても達成できない。その状態が続くと”敗北”の雰囲気がチーム内に漂い、益々目標達成が困難な状況を生み出してしまう。

逆に、すぐに達成できる目標だとメンバーの中には手を抜いてしまう人も出てくる。達成したとしても達成感がないので、”勝利”を味わうこともない。

メンバーの能力や事業環境に応じて、適切な目標を設定する事がリーダーに求められる大切な仕事である。

やや困難な目標を設定し、チームやリーダーからのサポートを十分に受けられる安心感を作り上げる事ができれば、目標達成への方法を自ら考え、目標にチャレンジするようになる。その過程で、能力向上・進歩を実感することができる。

このように、リーダーは個々のメンバーの能力に適した目標を設定すること、安心して目標にチャレンジできる環境作りを行うことがチームの成功のために必要であると知らなければならない。

いい加減な目標設定をすることは最初から”敗北”しているようなものである。

<ワンポイントアドバイス>
強いチームには、メンバーの能力を最大限発揮できるリーダーがいる。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン