コラムタイトル

ジャン・ジャック・ルソーの言葉

ジャン・ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau)は主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家。啓蒙思想の時代にあった18世紀フランスで活躍した。

(出典:wikipedia)

フランスの思想家ルソー
フランスの思想家ルソー


 

ジャン・ジャック・ルソーの言葉

  • ある者は明日に、他の者は来月に、さらに他の者は十年先に希望をかけている。だが、ひとりとして今日に生きようとする者はいない。
  • 「生きること」は、単に呼吸することではなく、「活動する」ことである。をれはわれわれの全器官を、感覚を、機能を利用すること、つまり、われわれに、「生きている」という感覚を与える。肉体のあらゆる部分を利用することである。最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない。人生を楽しんだ人間のことである。こういった長生きした人間の中に、最近百歳で死んだものがいるが、彼は生まれながらの生ける屍だった。こんな人間は若死にしたほうがよかったのだ。少なくともその時までは真に「生きる」ことができたはずだ。
  • 子供を不幸にする一番確実な方法は何か。それをあなた方は知っているだろうか。それはいつでも何でも手にいれられるようにしてやることだ。
  • わたしたちは無知によって道に迷うことはない。自分が知っている事と信じる事によって道に迷うのだ。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン