コラムタイトル

成功にまつわる偉人の言葉2

本日は「成功」にまつわる偉人の言葉を紹介したいと思います。

ジャン・カルロ・メノッティとグレアム・ベルとウィリアム・ジェームズの言葉を借りて仕事の成功とはについて考えたいと思います。

グラハム・ベル
グラハム・ベルが電話を発明


 

ジャン・カルロ・メノッティ

イタリア出身のアメリカ合衆国オペラ作曲家台本作家。アメリカにおけるクリスマス・オペラの定番『アマールと夜の来客』(Amahl and the Night Visitors, 1951年)が代表作。(wikipediaより抜粋)

  • あまり過去が見えすぎると人生が地獄になる。いま少し努力すればあの仕事が達成できたのに。ああ、せっかくの機会をむざむざ逃してしまった。やればやれたのに結局あの仕事をやらなかった。もはや手遅れだ。私に言わせれば、これがつまり地獄だ。

 グレアム・ベル

スコットランド生まれの科学者発明家工学者。世界初の実用的電話の発明で知られている(wikipediaより抜粋)

  • どんな仕事をやりたいか自分で見出して、ただ一心に打ち込むことだ。人より一歩先んじたければ、自分の将来の方針は自分で決めるべきだ。自分に本当に向いた、本当に心から打ち込める仕事から、働く意欲と励みを見出して、成功への道を踏み出すことだ。

ウィリアム・ジェームズ

アメリカを代表する哲学者心理学者意識の流れの理論を提唱し、ジェイムズ・ジョイスユリシーズ』など、アメリカ文学にも影響を与えた。パースデューイと並ぶプラグマティストの代表として知られている。(wikipediaより抜粋)

  • 習ったことを一生忘れない人間は、仕事を必ずやり遂げ、一生向上を続ける。一方、他の連中は、むかし習ったことを学び直すのに一生の大半を費やし、どうにかこうにか面目を保っている。
  • 若者は自分の受ける教育の結果をあれこれと思い悩んではならない。もし毎時間を真剣な気持ちで勉強するならば、あとは成り行きに任せておいても安心である。どんな学問分野を選ぼうと、ひたすらに努力を続ければ、いつかは同世代のすぐれた代表者として、勝利感にひたれる輝かしい朝がくる。
  • 人生は価値あるものだと信じなさい。そうすればあなたのその信念が、人生は価値あるものだとい事実を生み出すでしょう。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン