コラムタイトル

小さな期待が自信につながる

目標を持ちチャレンジを続ける人は、モチベーションが高い。

モチベーションを高くするには、自信をつけないといけない。

しかし、「自信を持て!」と言われても急に自信がつくわけではない。

自分自身を信頼できるだけの何かをやっていないと、自信は出てこない。

自信が出てくるとモチベーションが高い
自信が出てくるとモチベーションが高い


 

続ける事が自信へつながる

どんなに小さな一歩でも良い。続けていくと段々、それをすることが当たり前にそして習慣として身につく。その頃には自分に自信が持てるようになってきている。

自分に対して期待することができるようになる。

 

例えば、継続して物事を続ける事を目標としている人は、

毎晩玄関の靴を揃えることをやってみよう。

玄関の靴を揃える、下駄箱にしまう、ただそれだけのことを毎日行う。

30秒もあれば終わるだろう。

その作業を2週間連続で行うと、ほとんど意識せず毎晩寝る前に玄関に足が向かっているだろう。

カレンダーや日記に実施した日に印を残していくとさらに効果的だ。

そして1ヶ月も経つと、玄関の靴を揃えるという小さな一歩かもしれないが、確かに継続して物事をやり遂げたことになる。

これは続ける事が難しい人にとっては、自信につながる一歩になる。

 

周囲の期待が自信につながる

自分自身で自信をつけていくことももちろんであるが、周囲の期待も本人の自信と大きくつながっている。

期待の大小問わず、気にかけられ期待されていると本人も自覚し「がんばろう」と思う事が多い。

しかし逆に、全く期待されていない、やっかいものと思われていると、実はそちらの方が敏感に本人に伝わり、「自分は邪魔者なんだ。」とモチベーションが下がる。そしてさらに自信を無くすことが多い。

モチベーションを高く自信を持って欲しいと願うならば、周囲の人間がその人に期待を抱くことが大切だ。

(他人からの期待については別のコラムでとりあげる予定です。)

 

 

<ワンポイントアドバイス>
モチベーションを高め自信を持つには、小さな一歩を繰り返し行うと良い。また、周りが期待すると、それに応えようとモチベーションを高める事がある。

follow us in feedly

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン