コラムタイトル

コーチ不在

子供の頃は周りの大人がいろんな場面でコーチになって教えてくれた。

勉強、スポーツ、生活

つまづきそうになったり、つまづいた時に、”気づき”を与えてくれる。

また、今の自分に合った最適な小さな目標を代わりに立ててくれたりした。

しかし、いつしか周りの大人はコーチではなくなり、自分で考え行動する事が求められるようになった。

周りの大人がコーチとなり導いてくれる
周りの大人がコーチとなり導いてくれる


 

成長するにつれ、”自立”することが求められる

自分で考えて行動できる人のことだ。

コーチ不在をはっきり伝えられることはないので、他人へ依存している人ほど戸惑う事が多かったと思う。

 

しかし、

“自ら考える” と ”自らの考えに固執する” は全く違う。

“自らの考えに固執する”ことは、周りの状況が見えていない事が多い。誤った選択をしてしまうことがある。

困ったときは、周りの人にアドバイスを仰ぎ参考にする余裕を持ちたい。

特に、新しい環境(就職、結婚等)に移った時は、分からないことだらけなので、”自ら考える”には限界がある。参考にする経験がないからだ。

素直に周りの人にアドバイスを仰ぐことが最良だ。

基本的にアドバイスを求められることや頼られることで、嫌な気分になる人はいないのだから。

 

 

<ワンポイントアドバイス>
コーチが必要な時は自らコーチを求める

follow us in feedly

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン