コラムタイトル

目標を達成できない人の特徴

先日、目標を達成し続ける人の特徴について考察したが、本日は”目標を達成できない人”の特徴について考えてみたい。

今回のテーマで取り上げる”目標を達成できない人”は、目標達成の意欲はあるけれど、上手くいかない人だ。目標を持たない/チャレンジしない人ではない。

目標を達成できない人
目標を達成しようとがんばるが、達成できない人


 

目標を達成できない特徴は多くある。代表的なものをとりあげたい。

意志が弱い

性格、価値観によるもの。

  • 途中で諦めてしまう/すぐ結果が出ないと諦める
  • すぐ人やモノのせいにする
  • 責任感が薄い
  • いろんなものに興味を示す
  • 自信がない
  • とにかく頑張れば大丈夫と思っている

知識・スキル不足

知識・スキルが不足しているため達成できない。

  • 目標達成のための知識・スキルを習得していない/応用できない
  • 必要な知識・スキルがわからない
  • 創意工夫できない

コミュニケーション不足

コミュニケーションが不足しており、周りを活かす/活かされることができない。

  • 周りの人と協力関係が構築できていない
  • 必要な情報が取得できていない
  • 伝えるべき人に伝えていない
  • 伝え方に問題があり、伝わっていない

分析力不足

分析力が不足しているため、的を外れた行動をとっている。

  • 現状(自分自身)について分析できていない
  • 現状(環境)について分析できていない
  • 目標について理解していない(ゴールがどこか、なにか分かっていない)
  • 問題を取り誤っている
  • 優先すべきことを後回しにしている

 

上記の特徴を全て克服しなければ、目標が達成できないわけではないが、当てはまる項目はあなたの足をひっぱっていると考えてよい。

目標を達成したいと願うなら、まずは何が不足しているのか、特定するところから始めてみることだ。

出来ないことが分かることが、はじめの一歩だ。

問題を解決できない最大の要因は、問題が何であるのか、捉えていないことが多い。

 

また、解決方法が分からなければ無理に自分で考えず、素直に他人に聞くことが大切である。

 

<ワンポイントアドバイス>
目標を達成できない特徴は様々。克服したいのであれば、焦らずひとつずつクリアしていく

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン