コラムタイトル

一つの目標に集中しやり遂げることが大事

複数の目標を並行して取り組む事がある。うまくいけば良いが、どれも中途半端になりがちである。

コラム記事効果的な学習にはまとまった時間は必要でも伝えたように、思い出すことには時間が必要という事実を忘れて、スケジュールを組んでも上手くいかない。

次の日には半分以上のことを忘れてしまっている。

3日も経つと1割以下になる。

記憶の川
記憶は川のように流れていってしまう


 

最後までやり遂げることが大切

1つのことをやり終える!

これに尽きる。

ある程度まで進めるというのではなく、できれば最後まで。少なくともきりの良いところまで進める。

 

また、やり終えた事が次の工程に影響を与えるかどうかも重要だ。

数日して次の工程に着手したときに、前工程の内容を思い出す時間がどうしつも必要になってくるからだ。

時間が経つとすべて忘れてしまうという前提で、次の工程に上手くパスするために要点や注意点をまとめておくことがスムーズに進めるためには重要である。

1つの目標に集中すると、他の目標が全く進まないので心配になるが、1つずつ終わらせていくほうが結局、効率的である。

 

並行して進めることもできる

並行に進めることが可能なのは、大きくジャンルが異なるものである。

例えば、

”仕事の目標” と ”家庭の目標”

”家庭の目標” と ”趣味の目標”

 

気分転換にもなるので、大きく異なるジャンルであれば問題ない。

その中でも、

”頭を使うこと” と ”体を使うこと” の組み合わせが相性が良い。

 

体を動かさない”頭を動かすこと”を続けていると、呼吸が浅くなり体内酸素が減る。体を動かさないので筋肉もこわばる。

疲れた頭を体を動かすことでリフレッシュできる。

新鮮な気持ちで”頭を使うこと”に集中できる。

 

メインの目標がダイエットなど”体を使うこと”でも同様である。

体を動かした後に、”頭を使うこと”を行い体をクールダウンさせる。

時間をおいてまた体を動かすと良い。

 

 

<ワンポイントアドバイス>
1つの目標に集中してやり遂げることが大事。並行にするめることが可能なのは、大きくジャンルが異なるものである。
頭を使うことと、体を使うことの目標は相性が良い。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン