コラムタイトル

1年で達成できることは少ないが3年では違う

1ヶ月で達成できることは少ない。

1年でも大きなことは成し遂げるのは難しい。

しかし、3年5年やり続けていれば大きなことを成し遂げる事ができる。

最初の数ヶ月であきらめず、継続して続ける事が重要だ。

収穫
大事に育てると大きな実りが得られる


 

目標達成の道のりは、”農業”のようだ

山を開墾し、畑を作る。

畑を耕し土壌を作り、種をまく。

芽が出てきたら、成長に合わせて水や肥料を程度に与える。

日照りや水害、冷害など自然環境の対処も必要だ。

そして数ヶ月後にようやく収穫できる。

また、収穫した後の保存方法や調理方法で口にする味は大きく変わってくる。

 

実際に口にするまでは、長い時間と努力が必要である。

そして調理方法によって大きく味が変わる。

 

実りを継続的に得たいならば

目標を設定した時に、それなりの土壌があればまだ良いが、もしかして開墾する所から始めているかもしれない。そうすると、種をまくまでに数ヶ月時間が必要だ。

実りを数ヶ月で手に入れようと思うのはそもそも難しいと思った方が良い。大きな目標であればなおさらだ。

異なる時期に収穫
異なる種を植えて定期的に収穫する

”もやし”や”ネギ”など収穫が早いもの

”りんご””柿”など収穫が遅いもの

組み合わせて種を蒔き、育てれば定期的に色々な収穫ができる。

 

自分自身が持っている土壌をよく考え、すぐに収穫できるもの、時間がかかるものに分けて賢く収穫できると、次々に目標を達成できると思う。

 

 

 

<ワンポイントアドバイス>
大きな実りを得るためには長い時間が必要であり、継続的な活動が求められる。大きな目標と並行して異なる小さな目標をいくつも達成することができれば継続して実りを得る事ができる。

follow us in feedly

 

サービスページボタン
 

セミナー申込みページ
 

関連記事

コラム一覧に戻る

コラムタイトル

トピックスタイトル

会社の目標設定能力を高める方法ボタン モチベーションを高める方法ボタン 子供の勉強へのモチベーションをあげるボタン